FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅つき大会

みなさんこんにちは。
まんてん加古川の津川です。

今年も残すところ2日となりましたがいかがお過ごしでしょうか。
今年は大きな地震や台風といった災害の多い1年だったように思いますが、まんてん加古川は平穏無事な1年を過ごすことができました。これはご家族様はじめ、ご関係者様のご理解とご協力のおかげだと思い心より感謝しています。

それではブログです。
今年も餅つきの時期となりました。
DPP_0001.jpg
今年の企画は、写真中央に立っている彼が中心となり行われました。
去年の企画書を遡り、経験者にアドバイスを仰ぎながら初の司会までこなしてくれました。
ご入居者様、ご利用者様の前に立ちやや緊張していましたが彼らしく丁寧で実直な餅つきのスタートとなりました。

まず我こそはと先陣をきってくださったHさん。力強く餅をついてくれました。
DPP_0005.jpg

Hさんに続き次々と。
DPP_0002.jpg

DPP_0003.jpg
DPP_0004.jpg
DPP_0006.jpg
DPP_0009.jpg
DPP_0010.jpg

ここでまたまたHさん(笑)
DPP_0011.jpg
DPP_0012.jpg
DPP_0013.jpg
DPP_0016.jpg
DPP_0007.jpg
DPP_0014.jpg
DPP_0008.jpg
もち米が軟らかすぎたり、硬すぎたり。
ちょっとしたハプニングもあった今年の餅つきですが、笑顔いっぱい。ヤジいっぱいの楽しい時間となりました。

そして、最後のをひとつきは。
DPP_0015.jpg

来年2月より僕の後を引き継ぎ、特養の管理者となる高山看護主任が締めてくれました。
あらためて皆様にはご挨拶とご紹介を行う予定ですが、彼女はまんてん加古川の開設当初から看護主任として頑張って来てくれました。
若くして特養の看護主任の命を受け、一生懸命の毎日だったと思います。辛く厳しい日々もあったと思います。
それでも、ご入居者様やご利用者様の前に立つ時には、目線を合わせ、笑顔で関わることを忘れませんでした。

これからも変わらずご入居者様やご利用者様、ご家族様の気持ちに寄り添える管理者になって欲しいとおもっています。


最後に、この高山の人事をはじめ、来年はまんてん加古川にとって色々と変化の多い1年となりそうです。
グループホームと定期巡回・随時対応型訪問介護看護の2サービスが増え、それに伴う職員さんの配置転換やご利用者様、職員さんの人数も多くなります。
ばたばたと慌しい1年となりそうですが、僕たちまんてん加古川の職員はこれまで大切にしてきた、ご関係者様への感謝の気持ちを忘れることなく丁寧な運営を行っていこうと思っています。来年もまた皆様のご理解とご協力を賜りますようここにお願い申し上げ、皆様の来年が素敵な1年となりますようお祈りし年末のご挨拶とさせていただきます。

やってくれました!!

みなさんこんにちは。
まんてん加古川の津川です。

すっきりしない天気のまま9月も終わり10月となりました。
台風が次から次へとやってきて大きな被害も出ているようです。
秋を感じ「いい季節になりましたね。」と言うにはまだ時間がかかりそうですね。

それではブログです。

10月1日(土)に、『第2回 播磨介護技術競技大会(HCC)』が開催され、まんてん加古川から3名の職員さんに参加してもらいました。
IMG_1784.jpg

4つの部門に分かれ、総勢45名の競技者がそれぞれのテーマに沿って自分たちの技術を競い合う介護の大会です。
大会運営のみなさんをはじめ、参加者だけでなく審査員も来場者もみんな真剣にこの大会に臨まれていました。

そのような大会に参加した結果。

なんと!

中谷優希さんが認知症部門で最優秀賞。
望月正美さんが看取り部門で優秀賞を獲得してくれました。
IMG_1787.jpg

そして、さらには!
IMG_1808.jpg

写真真ん中の中尾峻也さんが!

参加賞のお弁当とシャトレーゼのお菓子を獲得してくれました!


結果を問わず、今回参加してくれた望月さん、中谷さん、中尾さん。
本当にお疲れ様でした。

3人の頑張る姿は本当に輝いていて感動させてもらいまいました。
ありがとう。

獲得したトロフィと賞状は事務所前に飾っていますのでご来訪の際はぜひ見てあげてください。
そして、頑張った職員さんと、3人が参加するために支えに回った職員さんたちを褒めてあげてほしいです。

いつも最後までお読みいただいてありがとうございます。

増築工事 進捗状況

みなさんこんにちは。
まんてん加古川の津川です。

タイトルにも書いた通り、増築工事の進捗をブログで発信していこうと思います。
image③ (200x150)

以前は職員駐車場だったところが見るたびに変わって行きわくわくしています。
image② (150x200)
image① (150x200)
image (150x200)

これからも変化があるごとに発信していこうとおもいますので、みなさん楽しみにしていてください。

平成28年度 まんてん夏祭り

みなさんこんにちは。
まんてん加古川の津川です。

台風一過の晴天が続いておりますが皆様は如何お過ごしでしょうか。
少し涼しくなったようにも感じられますが、9月は残暑が厳しい予想だと天気予報が伝えていました。
「もったいない。」は良いことだと思いますが、ご自身の体調と相談しクーラーを使用し室内環境を適切に保っていただければと思います。

それではブログです。

標題の通り、8月にまんてん加古川にて夏祭りを開催しました。
IMG_9388.jpg

今年は増築工事の関係で施設内で入居者様、利用者様と職員のみで小さく企画し執り行うことになりました。
限られたスペースしかないので、楽しんでいただくため職員が何か月も前から話し合いを重ね作り上げた夏祭りをご覧ください。

夏ということもあり、スイカ割りもプログラムに入れてみました。
IMG_8942.jpg
スイカに白い十字線が入っているのがお分かりでしょうか。切れ目を入れ割れやすくする工夫をしてみました。
特養3階の若い職員さんのアイデアです。
P1350605.jpg
ついつい職員の頭をスイカと間違ってしまったりと開始早々の楽しいハプニングもありながら。
IMG_8948.jpg
見事に割ることができました。

次に少し前のブログにて発信したのですが、ヤクルトの空き容器でお神輿を作りました。
祭りでもっとも盛り上がった様子をご覧ください。
P1350808.jpg
P1350804.jpg
IMG_9380.jpg
IMG_9352.jpg
IMG_9349.jpg
IMG_9372.jpg
IMG_9366.jpg
IMG_9363.jpg
わっしょい。わっしょい。とみなさん大きな声を出され、熱気と笑顔が最高潮の瞬間でした。
実はこのヤクルト神輿ですが、ヤクルトさんが社内報で使いたいと取材にきてくれていました。


IMG_9176.jpg

IMG_9177.jpg
??
IMG_9178.jpg
???
バ○殿ですか?
IMG_9179.jpg
いいえ。濱殿です。
IMG_9175.jpg
実はヤクルト神輿を盛り上げるため、太鼓を叩き、ちんどん屋のように先導し盛り上げてくれた職員達がいます。
企画段階ではメイクの予定はしていなかったので職員もビックリのサプライズでした。
P1350765.jpg
神輿を担ぐことが難しい方には太鼓を叩いてもらったり。
IMG_9239.jpg
一人で持てるサイズの小さなお神輿を用意していたり。
IMG_9373.jpg
IMG_9291.jpg
IMG_9252.jpg
IMG_9246.jpg
IMG_9233.jpg
その空間にいる方皆が楽しめるよう細やかな気配りがたくさんみられていました。

さらには、こんな職員さんも。
IMG_9145.jpg
先頭の職員さん。
ギター弾けません。
でも、
9月10日に結婚します。
少し早いけど、おめでとう。

実は、2フロアに別れていたのでヤクルト神輿が別のフロアにいる時にはもう一つのフロアで間繋ぎのゲームをしました。
P1350823.jpg
仮装職員達の手作りです。
P1350856.jpg
P1350827.jpg
P1350828.jpg
紙ヒコーキを投げ点数を競います。
ヤクルト神輿の裏なのでプレッシャーは大きかったと思いますが、一生懸命盛り上げ頑張ってくれました。

それでは最後に祭り準備の舞台裏を少しだけご紹介いたします。
P1350466.jpg

毎年用意している手ぬぐいですが、今年は手作りしました。
P1350467.jpg
ゴム版に絵を描き彫刻刀で掘り上げた物です。
デザインも掘るのも職員さんがしてくれました。
ちなみに、デザイン画は機関紙『まほろば』の漫画担当の職員さんです。
すごいもんです。
P1350458.jpg
P1350452.jpg
用意したゴム版で、自分だけの手ぬぐいを作成し祭り当日に全員で身に着けました。
P1350447.jpg

濱殿さま達の舞台裏です。
P1350712.jpg
P1350710.jpg
P1350717.jpg
P1350721.jpg
祭りが終わり、濱殿は。
「ぜんぜん取れないんですけど。」と一人メイクを落としていたそうです。

手作り感満載の28年度まんてん加古川夏祭りは如何でしたでしょうか。
開設以来もっとも小さなお祭りでしたが、全員の距離が近く感じるお祭りだったように思います。
IMG_9387.jpg

多くの職員が準備に関わり、入居者様利用者様が楽しんでいただくためのアイデアを出し、自主性自発性をもって取り組んでくれました。
職員一人ひとりに感謝します。
また、工事の兼ね合いにてご参加していただけなかったご家族様方には申し訳ない気持ちでいっぱいですが、このブログや施設に飾っている写真で当日のお父様、お母様の表情をみていただければと思います。

福祉避難所

みなさんこんにちは。
まんてん加古川の津川です。

先日、テレビを観ていたら台風が3つも日本に近づいているとのことで大変ビックリしました。
そのうちの1つは停滞しながら勢力を強めているとか。
速度が遅いなどは聞いたことがあったのですが、停滞というのはあまりなじみが無くとても不気味な感じがしました。
今後上陸の可能性があるようですが、大きな被害が出ないように祈るばかりです。

それではブログです。
この度加古川市さんから、まんてん加古川と福祉避難所の協定を結びたいとお話をいただき本日協定締結式に参加してきました。
福祉避難所協定式

そもそも福祉避難所とはどういった物かみなさんご存じでしょうか。
お恥ずかしい話ですが、お話をいただくまで僕はしりませんでした。

加古川市さんから教えていただいた話によると、万が一災害が起こった場合、地域のみなさんはまず1次避難所(近隣の小学校など)に行かれると思います。
しかし、地震などの災害で避難所生活が長期化する場合、要介護状態の高齢者の方々は健康な方々が長期間避難所で生活することは困難と考えられるため、まんてんのような施設が要介護状態にある避難高齢者を受け入れ支援して欲しいといった内容でした。

お話を聞く中で、色々と疑問が出たので担当の方に聞いてみました。

・避難高齢者が直接施設に依頼するの?
→加古川市さんの担当者が、状況を把握し施設に問い合わせをしてくれます。

・家族と離ればなれになるの?
→基本は家族同伴で施設に移動します。

・ずっと施設にいるの?
→基本は1週間を想定しているが状況により延長される場合がある。

などなどです。

現在、まんてんを含めて27か所の法人様が『福祉避難所』として加古川市さんと協定を結ばれているそうなので、気になったり疑問があるかたは是非加古川さんに問い合わせてみてください。

いつも最後までお読み頂きありがとうございます。
プロフィール

まんてん加古川

Author:まんてん加古川
まんてん加古川ふれあい日記へようこそ!
兵庫県加古川市西神吉町の地域密着型 小規模多機能・小規模特養 まんてん加古川は、地域で要介護者を支えるコミュニティとして、大きな役割を担う24時間365日の在宅介護施設です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。